ドックフード一覧

【わんこのきちんとごはん】原材料成分や口コミ評判を徹底解析

わんこのきちんとごはんの原材料は魚をメインにしたドックフードです。

ドックフードで使用している魚にはEPAやDHAといった成分が含まれていますがどのような働きがあるのでしょうか?EPAは主に血液をサラサラにして動脈硬化を予防し、DHAは神経や脳の発達を促す作用があると言われています。

つまりわんこのきちんとごはんは、食生活や生活環境の向上で寿命が延びつつあるペットにとって、シニア犬にも子犬にもお勧めできるドックフードと言えます。また魚はカロリーが低く、アレルゲンが少ないので、アレルギー対策やダイエットドックフードとしてもおすすめできますね。

一般的なドックフードの原材料に使われることが多いビーフやチキン、ポーク、穀物類はアレルゲンとなりやすく、それを食べ続けると皮膚や毛並みの状態が悪化することもあります。魚ベースであればアレルゲンを摂取する率が下がり、皮膚や毛質の改善が期待できます。

わんこのきちんとごはんの原材料や成分をチェック

わんこのきちんとごはんの粒の大きさは4×5~10mm前後の小粒タイプの1種類となります。小粒サイズで、口が小さい小型犬や、シニア犬でも食べやすいのも嬉しいポイントです。

わんこのきちんとごはんの原材料

生肉(タラ、メギス(白身魚を中心に季節により変動)、豚レバー)、大麦、魚粉(鰹削り節、片口鰯煮干)、ヤシ粉末、玄米粉、脱脂大豆、とうきび、さつまいも(五郎島金時)、胡麻、あぶらかす(豚)、脱脂米ぬか、ひまわり油、脱脂粉乳、乳清、海藻粉末、カルシウム粉末、ビール酵母、フラクトオリゴ糖、ビフィズス菌

わんこのきちんとごはんの成分

粗蛋白質28%以上、粗脂肪9%以上、粗繊維2%以下、粗灰分8%以下、水分10%以下、EPA+DHA 0.83%以上、370kcal/100g

わんこのきちんとごはんの安心度チェック

BHT(酸化防止剤) エトキシキン(防腐剤)
なし なし なし
副産物 4Dミール 大豆ミール
なし なし なし
合成香料 合成着色料 ビートパルプ
なし なし なし
不明なエキス・パウダー 不明な動物性脂肪 穀物が主原料の物
なし なし 大麦・玄米・大豆

わんこのきちんとごはん原材料と成分を分析したまとめ

わんこのきちんとごはんに使用されている魚は北陸発の鮮魚ばかりで、白身魚をメインに季節ごとの旬の魚を直送してもらい製造するという徹底ぶりです。

また快便に欠かせない食物繊維の供給源としてさつまいもを使用していますが、人間がよく食べる品種の中でも人気の高い五郎島金時を用いています。これにより、硬くなりがちなドックフードの粒にほくほく感をプラスしています。

さらにカルシウムやビール酵母、フラクトオリゴ糖、ビフィズス菌などを配合しています。これらは栄養を強化するのはもちろん、整腸作用を持っていたり免疫力を高めて健康な体作りに役立ったりします。余計な添加物がなく国産の材料で作られているので、子犬からシニア犬まで安心して与えることができます。

【わんこのきちんとごはん】の口コミはどう?

良い口コミまとめ

良い口コミでは、食べやすさを評価する声が多く見受けられました。粒が小さいので小型犬やシニア犬でも口に入れやすく、またさつまいもを使用しているので硬すぎず崩れやすいので歯が弱い子も食べやすいという評判です。材料が新鮮で添加物も含まれていないため、食いつきも良いようです。便の状態も良く、痒みや脱毛といったアレルギー症状が軽減したという声も聞かれます。

否定的な口コミまとめ

悪い口コミは、一般的なドックフードより軟らかめなので噛みやすい反面、歯石が付きやすいというものがありました。また、愛犬に実際の影響が出ているわけではありませんが、ビフィズス菌やオリゴ糖などを添加しているのに無添加を謳うのはどうなのかという意見もありました。

中立的な口コミまとめ

中立の口コミは、基本的には良い口コミと同じように食べやすさや原材料の鮮度、安心さを評価はしているものの、通販でしか購入できない点や長持ちしない点を不安視する声が聞かれました。

わんこのきちんとごはんの基本情報

販売会社

株式会社レガールファクトリー

商品名

わんこのきちんとごはん

種類

総合栄養食

詳細

魚メインの動物性タンパク質が豊富/無添加(粗悪な添加物不使用という意味です)

こだわり

アレルギー対策やダイエットドックフードとしてもおすすめ

生産国

日本

サポート体制

あり

返品・交換

可能(お客様の都合では不可)公式サイトにお問い合わせ窓口あり

わんこのきちんとごはんのドックフードのまとめ

魚をメイン材料としたドックフードはあまり見かけません。しかし、低カロリーで良質なタンパク質を摂取できる原材料として、魚はとても有効です。

含まれる成分もビーフやチキンには見られない特徴的なものが多く、一般的なドックフードでアレルギー症状が出てしまう子には、除去食といういわゆる療法食を試す前に、無添加で低アレルゲンのわんこのきちんとごはんを試してみるのも良いかもしれません。

ただ、穀物も少し入っているというところが少し残念ですが、粗悪な穀物ではなく添加物を最大限に使わずビタミン・ミネラルを吸収するために使用しているので安全なドックフードだと思いました。

人間も羨むような新鮮な魚の鮮度を失わないよう、製造工程や包装にも工夫がなされています。無添加なので長持ちはしない分、小分けパックになっているのはありがたいです。これから脳や身体を健やかに成長させたい子犬も、食欲が落ち歯も弱って缶詰フードに頼りがちなシニア犬も、安心して食べられる国産ナチュラルドックフードです。