目的別ドックフード

口コミでも人気のグレインフリーのドックフードおすすめランキング!

グレインフリーおすすめドックフードランキング

犬の祖先である狼と私たちと一緒に生活している飼い犬は今も昔も同じ消化器を持っています。犬の消化器官は短くできていて、新鮮な肉類をベースにした高タンパク質の食事で高い消化吸収率を維持できる食事に適応しています。

そしてこの動物性タンパク質を効率よくエネルギー源として吸収するように出来ていますので、消化に時間がかかり消化吸収しにくい多量の穀物は犬にとっては苦手な食べ物となります。

穀物不使用のおすすめドックフードランキング

動物性タンパク質が豊富でグレインフリーで犬の健康維持に期待ができるドックフードをランキング形式でご紹介しようと思います。

ランキングの基準は「グレインフリーであること」「動物性タンパク質が豊富であること」「粗悪な添加物が使われていないこと」を徹底的に分析した結果と「1日のコスパ」も重要視してランキングしています。

グレインフリーで素晴らしいドックフードであってもコスパが悪くて続けることができなかったら良くないので「コスパ」は重要視しています。

犬の健康維持のためにグレインフリー(穀物不使用)ドックフード選びのご参考になれば幸いです!

犬にとって炭水化物は必要ないのでしょうか?

炭水化物には繊維が含まれているので腸の働きを助ける大切な役目です。

炭水化物=エネルギー源となる

ただ、安価なドックフードの場合、炭水化物は安いカロリー源なので、穀物中心に作られていてドックフードの中の30~60%を占めています。

炭水化物は摂りすぎてしまうと太ってしまい肥満の原因となるので、低炭水化物のドックフードを選んであげましょう!

犬は生物学的に非常に少ない量の炭水化物しか必要としない肉食動物です。

犬は穀物を消化することが苦手でな理由って?

犬は噛み砕くのは得意ですが、消化しにくい穀物は非常に苦手です。犬は肉食動物としての野生の小動物を食べていたので、歯は獲物の肉や骨を噛み砕いたりする為に鋭くなっています。また、食べ物をスムーズに飲み込む為に、強いアゴで食べ物を砕きます。

一口で食べ物を飲み込むように動かします。人間のようにガムなど噛んでいるような動きは得意ではありません。

短い消化管で、消化時間も短く、消化に時間が掛かる穀物は苦手です。唾液に、植物、炭水化物、穀物、でんぷんの分解に必要なアミラーゼという酵素が含まれていないので、穀物を消化しづらい構造になっています。

小麦粉、ビートバルプ、大豆ミール、大豆粉、大麦、小麦、オート麦、ライ麦、燕麦トウモロコシ、コーングルテン、焼きトウモロコシ、コーングルテン粉、グルテン、荒挽きトウモロコシなどの原材料は、かさ増しに使われているだけです。

ドックフードパッケージに記載されている原材料が始めの方(第1~第3原料)に穀類が記載されていたら穀類が豊富で高炭水化物のドックフードなので注意してあげましょう。
犬に必要な栄養分はほとんどありません。

多量の穀物を継続的に与え続けていく消化器系や内臓の異常、皮膚の病気、穀物アレルギー、目やに、涙やけなどの原因になってしまいますので低炭水化物のものが望ましいです!

ドックフードの原材料で大半が穀物で、栄養価の少ない植物性タンパク質がメインになっているドックフードは避けてあげるといいでしょう。

穀物が多いドックフードが原因で多い病気

高炭水化物のドックフードや穀物の多量摂取で注意したい病気とは?

消化器系や内臓の異常 皮膚の病気 穀物アレルギー 消化不良 目やに 涙やけ 食糞 低血糖症 糖尿病 肥満 高脂血症 脳卒中 心筋梗塞などの心臓トラブル など

穀物などの炭水化物は肉食動物である犬には消化が苦手な食材です。

穀類は炭水化物としてもタンパク質としても栄養価が低いです。なので、過剰な穀物を食べ続けていると、栄養バランスを崩してしまうこともあり、病気になりやすい体を作ってしまリスクがあります。

最近では、獣医師などの専門家の間でも犬の健康問題の主要な原因は穀類と炭水化物の摂取にあると提唱されています。

なので、今まで食べていたドックフードが植物や穀物をメインにしたドックフードだった場合、飼い犬の健康を第一に考えて一度ドックフードを見直してあげることをおすすめします。

そして穀類と炭水化物による犬の健康問題には、食糞・低血糖症・糖尿病・肥満などがあげられますので、過多な穀類や炭水化物には注意してあげましょう。

AAFCO(アメリカ飼料検査協会)は、犬が必要とする炭水化物の最低量はゼロである一方、たんぱく質は過剰供給になることはないと発表しています。また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は2006年に、「十分なたんぱく質を与えられていれば、犬・猫は炭水化物を全く必要としないようである」と発表しています。

グレインフリーのドックフードなら何でもいい?

ではどのようなドックフードが犬にとって健康的でいいのでしょうか?

犬に必要な食べ物は、新鮮な肉類を使った動物性タンパク質が豊富でグレインフリー(穀物不使用)のドックフードが犬の体には良いです。犬は健康を維持するためにアミノ酸を必要として、このアミノ酸は特に動物性タンパク質に含まれています。

なのでグレインフリー(穀物不使用)で良質な動物性タンパク質が豊富なドックフードが肉食性のある犬本来の食事といえます。そしてシニア犬は成犬よりさらに高タンパク食がいいと言われています。

シニア犬(高齢犬)になってきたから低タンパク質が良いという事ではなく良質な新鮮な動物性タンパク質でグレインフリーのドックフードがオールライフステージで必要になります。