目的別ドックフード

口コミで人気の老犬(シニア犬)におすすめドックフードランキング!

シニア期に入った老犬におすすめドックフードランキング

老化は目に見えないところでも始まり、犬も高齢化していくと人間と同じように身体に衰えが出てきます。

高齢犬(老犬・シニア)になってくると、専用のドックフードの切り替えを考えてしまいますが、市販で販売しているドックフードには「低タンパク質」をメインに販売されているものが多いです。

しかし、低タンパク質のドックフードが良いのかというと、残念ながらそうではありません。最近の研究では高齢犬(老犬・シニア)になってもより高タンパク質のドックフードが必要ということがわかってきました。

そこで、高齢犬(老犬・シニア犬)になってきた愛犬に、健康維持をサポートするドックフードは何がいいのかを徹底的に分析しました!ぜひ参考にしてみてくださいね♪

\老犬おすすめドックフードはこちら/
老犬ドックフードランキング

そもそも老犬(シニア)のドックフードを選ぶ基準って?

老犬ドックフードを選ぶ基準?

老犬(シニア)の健康維持をサポートするために低タンパク質のドックフードを選ぶ人も多いですが、実は成犬より50%以上も動物性タンパク質が必要です!

なぜなら、高齢犬(老犬・シニア)がタンパク質を摂取しないと基礎代謝能力が低下してしまい、体に必要なタンパク質が足らない場合は犬本人の筋肉からタンパク質を吸収してしまいます。

そうなってしまうと、筋肉がやせ細ってしまい免疫力低下、筋肉不足、アレルギーなど様々なトラブルが発生してしまう可能性があります。

なので高齢犬(老犬・シニア)のドックフードは、動物性の高タンパク質がポイントとなります。ただ、獣医師の指示で「低タンパク質食」治療している場合などは獣医師の指示に従ってください。

「ドックフードいろは」編集長
「ドックフードいろは」編集長

老犬(シニア)ドックフードを選ぶポイントは、たんぱく質の量だけではなく動物性タンパク質の品質(新鮮な肉類)が重要です。運動能力や免疫力を考慮して、栄養バランスの良い良質な肉原材料を使用しているドックフードからサポートしてあげましょう。

長年一緒に生活してきた愛犬のために、ベストなドックフードを選んで犬の口に合うドックフードを考量しながら選んであげると愛犬も喜んでくれると思います。

高齢犬(老犬・シニア)用ドックフードの選び方で大切な3つのポイント

ここでは、高齢犬(老犬・シニア)のドックフードには、高品質な動物性タンパク質・低炭水化物・低脂肪なものがおすすめです。なので、それらについて、詳しくご紹介していきますね!

1、老犬用ドックフードは良質な動物性タンパク質源を選ぶこと!

老犬用ドックフードは動物性タンパク質が豊富であること!

老犬(シニア犬)になってきた愛犬にとって、良質なタンパク質は非常に大切になってきます。タンパク質は血・骨・筋肉・皮膚・被毛これらを作る大切な成分で、体の組織の生成・維持に必要なとても大切な栄養素です。

犬の老化具合に配慮した新鮮な肉を使用したドックフードを選ぶことが大切です。そして、良質な肉類とは、肉副産物や○○ミートなど以外の食材を使っているドックフードがおすすめです!

例えば、「新鮮チキンを50%使用している」といったように、ドックフードの原材料がしっかりと記載しているものを探してみましょう!

そして、タンパク質やカルシウムが不足すると、消化吸収能力が衰え、筋肉や骨が衰え、免疫力が下がり、貧血を引き起ここともあります。なので老犬用ドックフードはしっかりと原材料を調べましょう!

2、老犬の体に負担が掛からない無添加ドックフードを選ぶこと!

老犬の体に負担の掛からない無添加ドックフード

ドックフードには、添加物(保存料・酸化防止剤・着色料・香料)をたくさん使用していることもあります。これらの粗悪な添加物を長期的に摂取すると、がんや慢性疾患を誘発する可能性があります。

また、肉が低品質の場合は添加物(酸化防止剤)を増やしてごまかしていることもありますので注意しましょう。

低品質な食材の場合は、腐りやすい特徴があるので、強力な保存料を使用していることが多いです!なので、粗悪(不明)な肉と危険な添加物は、常にセットになっていると思いましょう!

ドックフードをたくさん調べてきましたが、○○副産物や○○ミートなどの曖昧な肉類を使用していると粗悪な添加物を使用していることが多いです!なので、愛犬の身体に悪影響なものが使われてい無添加ドックフードを選びましょう!

3、老犬も穀物が少ないものやグレインフリードックフードを選ぶこと!

老犬ドックフードはグレインフリーがおすすめ!

食べる量が少なくなってきた老犬には、消化器官に負担を掛けないグレインフリードックフードの方がいいですね!市販で販売されている安価なドックフードには穀物メインが多いので注意して選んであげましょう!

老犬(シニア犬)にとってグルテンなどの穀物は栄養として吸収されにくく、消化器官に大きな負担が掛かってしまいます。さらに、その穀物が合わない場合は、愛犬の体調不良やアレルギーを引き起こす原因となることも考えられます。

粗悪な穀物を使用していないグルテンフリーかグレインフリー(穀物不使用)ドックフードを選んで消化器官のことも考えてあげましょう!

高齢犬(老犬・シニア)用ドックフードのタンパク質・添加物・穀物を比較!

タンパク質の品質 無添加 グレインフリー
モグワン
カナガン
アランズナチュラルドックフード
犬心ドックフード
ネルソンズ
ピッコロ
ブッチドックフード
ナチュロル
ファインペッツ極
ファインペッツ
馬肉自然づくり
犬心ドックフード
わんこのきちんとごはん
ユーカヌバ/シニア用
オリジン/シニア
アカナ/シニア
サイエンスダイエット
アガリクスIS
フレッシュミックス
ソリッドゴールド
ロイヤルカナン
ナチュラルチョイス
プロプラン

ここまで、高齢犬(老犬・シニア)に口コミで人気のドックフード(21種類)を比較してきました。意外と市販で販売されている「ロイヤルカナン・アイムス・ユーカヌバ」などは穀物が多かったのでおすすめできないですね!

△マークは肉類が少なかったり、穀物を使用しているが体に害のないレベルの食材なので、安心できます。

「ドックフードいろは」編集長
「ドックフードいろは」編集長

また、有名なメーカーには、粗悪な添加物や穀物をたくさん使用していることもわかりました。次は、老犬に与えるドックフードをさらに詳しく調べてみようと思います!

高齢犬(老犬・シニア)用でおすすめのドックフードの成分と品質を比較!

肉の品質 タンパク質・脂質 グルコサミン・コンドロイチン(mg/kg)
カナガン 33%・17% 1000・700
アランズナチュラル 20%・12.5% 表記なし
モグワン 28%・12% 表記なし
(カナガンより多い)
犬心 28%・12% 表記なし
ピッコロ 34%・15% 1780・1250
オリジン/シニア 38%・15% 700・600
アカナ/シニア 33%・14% 1500・900
ブッチ 10.5%・8% 表記なし
ナチュロル 27%・9% 表記なし
ファインペッツ 26%・16% 300・100

ここでは、老犬(高齢・シニア)用に評判がいいドックフードをピックアップして比較してみました!老犬の体に負担がかかりにくく、健康維持をサポートする上では、モグワンのような高タンパク質で低脂質のドックフードがおすすめです。

そして、グルコサミンやコンドロイチンなど、関節をサポートする成分が入っているドックフードを選ぶことをおすすめします。

「ドックフードいろは」編集長
「ドックフードいろは」編集長

老犬(高齢・シニア)におすすめするドックフードを比較して分かったことは、適度なタンパク質&脂質と関節サポート成分がしっかりと考えられていますね!

その中でも、運動量が減ってくる老犬にやさしいドックフードは、モグワンが理想的だと感じました!そこで、下記からは当サイト基準でおすすめのドックフードをランキング形式でご紹介していこうと思いますので、参考にしてみてくださいね♪

高齢犬(老犬・シニア)用 人気ドックフードランキング

ここからは、高齢犬(老犬・シニア)におすすめするドックフードをランキング形式でご紹介していこうと思います!

ランキング比較基準について
当サイトはドックフードの各公式サイトからの正確なデータを元にかつ第三者視点で比較しランキング化しています。

高齢犬おすすめドックフードランキングでは、「安全性」「アレルギー対策」「タンパク質と脂質」「良質な食材」「コスパ」の5つを元に評価しました!

1位 モグワンドックフード
モグワンランキング
モグワンは老犬の健康維持、免疫力サポートにも期待できるトップクラスのドックフードです。高たんぱく質の低炭水化物で老犬の身体には非常に理想的なドックフードですね!話題の体に良いオメガ3やココナッツオイルを配合しているので消化器官にもやさしいです。さらに、グルコサミンやコンドロイチンも配合しているので老犬の関節サポートにも良いです。また、子犬からシニア犬まで安心で安全に与えることができる栄養バランスの優れたドックフードなのが人気の理由ですね♪
老犬おすすめ度
価格 通常価格 3,960円
定期価格 3,564円
備考 4か月~シニアまで/全犬種対応/グレインフリー/低アレルギー
お試し制度 ◎あり 当サイト限定の初回半額キャンペーンを実施中!

詳細ページ公式ページ

2位 カナガンドックフード
カナガンは、シニア犬におすすめのチキンを豊富に使用したドックフードです。動物性タンパク質が豊富で粗悪な添加物は一切使用していない徹底ぶりです。犬の先進国イギリスでも評価の高いカナガンは新鮮なチキンをメインに高タンパク質でグレインフリー、さらにグルコサミンやコンドロイチン配合で子犬からシニア犬までトータル的に健康をサポートしてくれるドックフードです。
老犬おすすめ度
価格 通常価格 3,960円
定期価格 3,564円
備考 全犬種全年齢対応/タンパク質33%/脂質17%/グレインフリー

詳細ページ公式ページ

3位 ピッコロドックフード
ピッコロドックフードは日本初上陸の高齢犬(老犬・シニア犬)用の高タンパク質で低炭水化物のドックフードです。肉原材料にチキンとサーモンの2種類を使用しているのでアレルギー対策や健康維持に、そして高齢犬の衰えがちな筋力もサポートしてくれるのでおすすめですね。また、グルコサミンやコンドロイチン、MSMなど関節や骨のサポートにもおすすめのドックフードです。カロリーは100gあたり355kcalと高齢犬にはうれしい成分値となっています。また、脂質も高齢犬に適した15%と控えめなところもうれしいです。
老犬おすすめ度
価格 3,960円/1.5kg
備考 高齢犬全犬種対応/無添加/グレインフリー/高タンパク質

詳細ページ公式ページ

4位 ブッチドックフード
ブッチドックフードはミートフードという犬の水分補給にも注目した理想的な水分含有量を実現したドックフードで、ドックフードを食べながら水分をしっかりと摂ることで消化吸収を促し健康維持しています。この消化吸収ができる身体づくりのおかけで、犬の栄養素である動物性タンパク質を体内にしっかりと吸収することができ犬本来の健康を維持する効果が期待できます。無添加で粗悪なグルテンを使用していないドックフードで愛犬の健康維持も考えているドックフードで人気急上昇中です!
老犬おすすめ度
価格 3,000円/2.4kg(トライアルセット)
備考 ミートフード/高タンパク質/無添加/水分補給にも注目した理想的な水分含有量

詳細ページ公式ページ

5位 犬心ドックフード「糖&脂コントロール」
犬心ドックフード
犬心のドックフードは、7大疾患ケアで有名ですが、高齢犬やダイエットサポートとしてもおすすめですね!犬心が高齢犬におすすめする理由は、食欲が少なくなっていてもしっかりと良質な動物性タンパク質を吸収できるからです。また、犬心は国産ドックフードで無添加にこだわりを持っているメーカーでも人気です。現在、200gのお試し分を無料で貰えるキャンペーンを実施中なので一度試してみる価値がありますね♪
老犬おすすめ度
価格 2,600円/1.0kg
備考 全年齢対応/生肉(牛・馬・鶏)/高タンパク質・低脂質

詳細ページ公式ページ

高齢犬ドックフードでモグワンをおすすめした理由!

モグワンドックフードを試した私の口コミをご紹介!

カナガンやアランズナチュラルドックフードについては、コスパが非常に良く、原材料や成分についても申し分のない非常に安全なドックフードだということで理想的な高齢犬(老犬・シニア)の食事でおすすめのドックフードランキング結果では上位となりました。

モグワンについては動物性タンパク質を多過ぎず少な過ぎずの配分で、高齢犬(老犬・シニア)の肝機能にやさしいドックフードだと思いました!

モグワンは手作りレシピをもとに考案された野菜やフルーツなど栄養バランスも素晴らしく、話題のココナッツオイルやMSM配合で健康維持や関節に良い成分がしっかりと配合されています。

コスパ面では割高なイメージですが、じわじわと人気急上昇中のドックフードで気になりますね♪急に老犬用に変えてしまうと愛犬の胃腸に負担が多くなるので、成犬用:老犬用を9:1から始めて2~3日たったら8:2というように時間をかけて切り替えてあげるといいでしょう。

\初回半額キャンペーン中!
モグワンの最安値はこちら

高齢犬(老犬・シニア)の健康維持をサポートするドックフードって?

老犬の健康維持におすすめする3つのポイント
  1. 動物性タンパク質が25%以上のものを選ぶ
  2. 良質な肉原材料を多く使われているものを選ぶ
  3. 12~20%を目安に脂質が少ないものを選ぶ
  4. 消化しにくいのでグレインフリーの低炭水化物を選ぶ
  5. 関節痛の為にも配合のものを出来るだけ選ぶ

食の細くなった愛犬の健康を維持しさらに「元気力」「免疫力」「食いつき」「関節の強さ」の効果が高いドックフードとはどんなものを選べば良いのかをまとめてみました。

まず、穀物不使用で理想的なタンパク源は「高品質な肉材料が使われている動物性タンパク質25%以上」がおすすめです!

そして、糖質はそのまま脂肪として蓄積されていきます。脂質が20%以上のドックフードを与えているの場合は15%以下を目安に脂質が少ないものに切り替えると理想的です。

さらに、犬は高齢(老犬・シニア)になってくると関節機能が弱ってくるので、グルコサミン、コンドロイチンを含んだドックフードもお勧めです。

市販で販売されている高齢犬(老犬・シニア)ドックフードって?

市販の老犬用ドックフードってどうなの?

私が調べた結果、ホームセンターやペットショップで販売されている一般的なドックフードでは動物性タンパク質が少ないですね。

愛犬の体を維持するだけの動物性タンパク質が足りていないと老化が進み、具合が悪くなる子が多くなります。年齢が高くなれば、筋肉量も落ちるため、基礎代謝や消化機能も緩やかに落ちてしまいます。

そこで、市販の老犬用ドックフードを調べてみると、低カロリー低たんぱく質の高炭水化物な原材料が多いことがわかりました。このような高齢犬(老犬・シニア)用ドックフードだと、健康維持をサポートするどころか、消化器官や筋力をサポートすることが難しいです。

高齢犬(老犬・シニア)用として販売されているドックフードを食べているのに微妙ですね。。。私の掛かりつけの獣医さんに相談しても、「老犬用と記載されていても粗悪なドックフードがあるので注意してください!」と言われました!

老犬用ドックフードの種類は非常に多いのですが、原材料を見ると疑問だらけですよね。なので、しっかりと原材料や食材など、愛犬の健康維持をサポートするのかを見極めてあげましょう!

「ドックフードいろは」編集長
「ドックフードいろは」編集長

以前、市販のドックフードで体調不良になった老犬がいたのですが、おすすめのドックフードに切り替えを行うことにしました。

獣医さんに教えて貰った基準(高タンパク質・低脂質・関節サポート配合)で選んでみると、2か月後くらいからお散歩が楽しそうに歩いてくれるようになりました!

犬の食事ひとつで、老犬の元気さが変わることを実感しましたよ♪

\老犬おすすめドックフードはこちら/
老犬ドックフードランキングに戻る

まとめ

今回は、高齢犬(老犬・シニア犬)用のドックフードについてご紹介してきました!市販で販売されている老犬ドックフードの中には、粗悪な原材料や危険な添加物を使用しているメーカーもありますので注意しましょう!

当サイト「ドックフードいろは」で老犬におすすめしたモグワンドックフードは、適度な動物性タンパク質でグレインフリー・添加物にこだわったドックフードで子犬から高齢犬にもおすすめです!

モグワンを気になっている人も多いのですが、私が愛犬に与えて試した結果では、食いつきは本当によかったですね!そしてメインの動物性タンパク質にはチキンとサーモンの2種類を使ってくれているので、毎日の健康維持やアレルギー対策などにもおすすめです。

また、モグワンには当サイト限定の初回半額キャンペーンで購入できるのもうれしいポイントですね!愛犬の食いつきや、ドックフードを見て確認してみたい愛犬家にも、安心して試すことが可能ですね♪

\老犬おすすめドックフードはこちら/
老犬ドックフードランキングに戻る