目的別ドックフード

成犬用ドックフードおすすめランキングと選び方を徹底解析!

成犬におすすめドックフードランキング

1歳前後の成犬なってくると成犬用のドックフードに切り替えたり、成犬用の給与量に変更してあげましょう。

動物性タンパク質が豊富の新鮮な肉材料を沢山使ったたんぱく質と脂質の栄養バランスがしっかり考えられているドックフードの場合は食べる量を変えてあげましょう。

そのまま与え続けると肥満になったりと犬の体に負担が掛かってしまいますので注意してあげましょう。身体の成長が止まってきたら、幼犬に与えていたドックフード給与量を摂取していくと間違いなく肥満になってしまいます。

また、愛犬により成長が止まる時期は様々なので、成長の度合いを見極めながら調整していくといいと思います^^

成犬用ドックフードの選び方で大切な3つのポイント

「動物性タンパク質」は1番大切な栄養素!

タンパク質は血・骨・筋肉・皮膚・被毛これらを作る大切な成分で、体の組織の生成・維持に必要なとても大切な栄養素です。そして犬の栄養素に必要不可欠な動物性タンパク質は新鮮な肉原材料を使用したドックフードを与えることが重要です。

穀物などが大量に入っている植物性タンパク質を摂取しても栄養にはなりにくいので、肉原材料を豊富に使用した消化吸収率が良いドックフードを選んであげましょう。

お肉(鶏肉 ラム肉 牛肉 鹿肉 馬肉など) 魚(サーモン ニシン ナマズ カレイ 白身魚など) 卵 などは、犬にとって消化吸収のいいタンパク質となるのでおすすめですね!

植物性タンパク質とは、大豆 小麦 トウモロコシ コーングルテン などになります。

この植物性タンパク質が多く使っていれば、犬が消化吸収しにくい食材でおすすめできません。

添加物が不使用なものを選ぶ

添加物(保存料・酸化防止剤・着色料・香料)の長期摂取は犬のがんや慢性疾患を誘発すると言われています。肉の品質の低さをごまかすために添加物を増やしてごまかしていると考えていいので、粗悪な肉と危険な添加物は常にセットになっています。愛犬の身体に悪影響なものが使われていないかを選びましょう!

穀物が少ないものや穀物不使用を選ぶ

愛犬にとって穀物や野菜は栄養として吸収されにくく、消化器官に大きな負担がかかってしまいます。愛犬の体調不良やアレルギーを引き起こす原因となっているので粗悪な穀物を使用していないドックフードを選ぶことをオススメします。

成犬(アダルト)におすすめドックフードランキング

ランキング比較基準について
当サイトはドックフードの各公式サイトからの正確なデータを元にかつ第三者視点で比較しランキング化しています。

下記の総合順位は「成犬用におすすめできる」「添加物・穀物」「コスパ」の3つを元に総合基準としてランキングしています。

【注意】急に成犬用に切り替えても大丈夫?

急に成犬用に変えてしまうと愛犬の胃腸に負担が多くなるので、幼犬用:成犬用を9:1から始めて2~3日たったら8:2というように時間をかけて切り替えてあげるいいでしょう。

また、成長が止まると、食べる量が減っていきます。なので食事を残すようになってきたら、減らすように調整してあげてくださいね。

その後は、1日1~2回ほど食事を与え、年齢と共に量を減らしていきます。そして、6~7歳くらいになったら、老犬用のドックフードに切り替えます。