目的別ドックフード

口コミで評判がいい!子犬・パピー用ドックフードおすすめランキング

子犬ドックフードおすすめランキング

今回は、犬を飼う方や犬を飼い始めた方に、子犬用におすすめするドックフードを紹介します。成犬になった時やシニア犬になった時の深刻な病気を防ぐこともできるので、子犬の頃から安心で安全なドックフードを選んであげましょう♪

市販のドックフードは、子犬用やパピー用とジャンル分けされているので、選びやすい特徴がありますよね!しかし、有名メーカーというだけでドッグフードを選んでいると、粗悪な原材料や危険な添加物を使用している商品も中にはあります。

例えば犬は穀物を上手に消化するのが苦手なのに、第一主原料(原材料の一番最初に記載されている食材)に穀物を多量に使用しているメーカーもあるのでしっかりと食材を確認してあげることが大切です。

「ドックフードいろは」編集長
「ドックフードいろは」編集長
ということで、子犬の頃から安全な食事を食べることで、健康維持をサポートしてくれるドックフードについてご紹介していこうと思います。また、いったいどのメーカーのドックフードが安心で安全なのかを徹底的に分析してみましたので、ご参考になれば幸いです。

\おすすめを知りたい方は/
子犬用ランキングはこちら

子犬(幼犬・パピー)用ドックフード選びの3つのポイント

子犬(幼犬・パピー)用のドックフードはどのような選び方でおすすめの方法を3つのポイントでご紹介していこうと思います。

1、子犬にとって1番大切な栄養素は動物性タンパク質!

この時期に大切な栄養素は消化吸収のいい良質な肉類を使用した動物性タンパク質と動物性脂肪になります。子犬は心も体もとても速いスピードで成長していきます。子犬は成長し 新しい組織を作るために成犬よりも2倍近くの栄養を必要とします。

そしてタンパク質は、血・骨・筋肉・皮膚・被毛これらを作る大切な成分で、体の組織の生成・維持に必要なとても大切な栄養素です。

子犬は、消化機能がまだまだ未熟なので多量のドックフードから栄養の吸収をすることが出来ません。なので、消化吸収のいい食材を使っていて、少量でもしっかりと栄養が摂れるドックフードが望ましいです。

さらに、腸も健康にしてくれる良質な肉を使っている動物性タンパク質が豊富なドックフードがおすすめです。

2、子犬は動物性の脂肪がしっかりなドックフードを選ぶ!

動物性の脂肪は、ドックフードに絶対入っている原材料です。そして、どんな種類の脂肪で安全性は確かなのかを判断する必要があります

例えば、原材料表示の中に「動物性脂肪・動物性油脂」など肉類を特定できない食材を使用していることがあります。この場合は、肉の品質が悪く腐りやすいので、犬の体に害のある危険な人口添加物が使われていることもあるので注意が必要です!

この酸化防止剤や保存料の中には、発がん性などのリスクが高い危険な成分を使用していることもあり、動物性脂肪などの不明確な原材料は使用を避けた方がいいです。安全なドックフードであれば原材料はすべて明確にしてくれているのでしっかりチェックするようにしましょう!

鶏油 鶏レバー油 ラム精製油 サーモン油 ニシン油など明確にされているドックフードが望ましいです。良質で安心安全なドックフードにはしっかりと明記されていますので原材料をしっかりチェックしましょう!

3、子犬の頃から穀物不使用や少ないドックフードを選ぶ!

幼犬期に食べた食材が、あとでアレルゲンに化けやすいというデーターがあります。なので、穀物や添加物などのアレルギーになりやすい食材が多く入っているドックフードは避けましょう!

主原料(第1原料)に穀物が表示されている場合は、犬の体に必要な栄養素であるタンパク質源を安価な植物性タンパク質で補っているドックフードの可能性が高いです。

犬に必要な栄養素は良質な肉を使っている動物性タンパク質なので、しっかりと原材料(第1原料、第2原料、第3原料)をチェックしてから判断してあげましょう。

グレインフリーであれば粗悪な穀物を使っていないので、動物性タンパク質が豊富なドックフードが多いので目安にしてみましょう!

健康維持をサポートして、病気になりにくい身体づくりの為には、ドックフード選びは子犬(幼犬・パピー)の頃から気をつけてあげることをおすすめします。

子犬用ドッグフードに必要な動物性タンパク質って?

犬は人間と一緒に生活をするようになって雑食に近くはなりましたが、身体の構造はもともとの肉食動物です。肉食動物は動物性タンパク質が一番の栄養素となり、鶏肉・ラム肉・魚・卵などの動物性タンパク質を必要とします。

ただ、ホームセンターやペットショップで販売されているドックフードには動物性タンパク質と植物性タンパク質の混合の商品が多く、低コストですが品質に問題があるものもあります。

植物性タンパク質とは大豆・トウモロコシ・コーングルテンミール・トウモロコシ粉・粗びきコムギなどの穀物で消化もよくありません。

犬の栄養になりにくい植物性タンパク質を主原料として使っているドックフードが非常に多いので、選び方で迷ってしまったら下記を参考にしてみてください!

子犬用ドックフードの品質を見分ける方法ってある?

カナガンとアイムスを例に挙げて解説してみると、どちらも人気のドックフードなのですが、カナガンは動物性タンパク質の鶏肉が50%以上と親切丁寧に記載してくれていますね♪

そしてアイムスの場合は動物性タンパク質がどれでだけ入っているかは不明な点や、植物性タンパク質が主原料として使用されているところも少し気になりますね。

植物性タンパク質を主原料としていないカナガンの方が子犬の健康や免疫機能維持にも適してます。

このように各メーカーのドックフードの原材料をしっかりとチェックしてドックフードを選んであげると犬にとって安心安全なドックフードはどれかはすぐに分かってくると思いますのでご参考になれば幸いです^^

口コミで人気の子犬用ドックフード17選を徹底比較!

子犬用ドックフードの選び方でお話ししてきた3つのポイントを比較表にしてみました。

  1. 新鮮な肉類を使用した動物性タンパク質が豊富がおすすめ
  2. 動物性の脂質や脂肪が明確な表示をしているメーカー
  3. 穀物類の使用が多すぎないドックフードがおすすめ

下記の表ではこれらのポイントを比較していますので、安全なドックフードを選ぶ時の参考にしてみてくださいね!

主原料 脂肪の質 穀物不使用
カナガン チキン51%
モグワン チキン&サーモン53%
アランズナチュラル ラム肉55%
ファインペッツ極 アヒル&ニシン肉90%
ファインペッツ 鹿肉・鶏肉80%
ブッチドッグフード 牛・鹿・鶏76.5%
馬肉自然づくり 馬肉・鶏肉
ナチュロルドッグフード 牛・鶏・馬・魚
アカナドッグフード 鶏肉など60%
ネルソンズ チキン46%
ティンバーウルフ ニシン・サーモンなど
オリジン チキン80%
フレッシュミックス チキン
ソリッドゴールド/パピーフランケン オートミール
ユーカヌバ子犬用 家畜類
サイエンスダイエット子犬用 チキン
アイムス子犬用 家畜類

ここまで3つのポイントを比較してみましたが、「カナガン」「オリジン」「ファインペッツ極」「モグワン(MOGWAN)」は非常におすすめですね!

子犬用おすすめドックフードランキング

ランキング比較基準について
当サイトはドックフードの各公式サイトからの正確なデータを元にかつ第三者視点で比較しランキング化しています。

子犬用おすすめドックフードランキングでは、「安全性」「アレルギー対策」「タンパク質と脂質」「良質な食材」「コスパ」の5つを元に評価しました!

1位 モグワンドックフード
モグワンランキング
手作りレシピをもとに生まれた愛情たっぷりのスペシャルドックフードで人気急上昇中のモグワン。愛犬の健康維持、免疫力の向上にも期待できるトップクラスのドックフード。高たんぱく質の低炭水化物で犬の身体には非常に理想的なドックフードだと言うことは間違いなさそうですね!今話題で体に良いオメガ3やココナッツオイルを配合、グルコサミンやコンドロイチンも配合しているので犬の関節にも良いです。また、子犬からシニア犬まで安心で安全に与えることができる栄養バランスの優れたドックフードなのが人気の理由だと思います。
子犬おすすめ度
価格 通常価格 3,960円
定期価格 3,564円
備考 4か月~シニアまで/全犬種対応/グレインフリー/低アレルギー
お試し制度 ◎あり 初回限定半額キャンペーン実施中!

詳細ページ公式ページ

2位 カナガンドックフード
全犬種全年齢対応のカナガンで使用している原材料は、すべて人間が食べられる高品質で新鮮な食材を厳選しています。 子犬に必要な良質な動物性タンパク質が豊富で幼少の事からの健康維持に最適です。穀物不使用でチキンはが全体成分の半分以上を占めています。 栄養バランスも優れているドックフードで良質な原材料なのにコスパもかなり良いです。
子犬おすすめ度
価格 通常価格 3,960円
定期価格 3,564円
備考 全犬種全年齢対応/タンパク質33%/脂質17%/グレインフリー

詳細ページ公式ページ

3位 ファインペッツ極
ファインペッツ
ファインペッツ極はグレインフリーで肉類の原材料を約9割使用している超高級ドックフードとなっています。また、化学合成された酸化防止剤や防腐剤等を一切使用していません。 給餌量を調節することで、すべての犬種、犬齢に合うというコンセプトにより作られています。 只今初回購入キャンペーン中で1.5kgが1000円で購入することができるので人気急上昇中ですね
総合評価
価格 5,278円/1.5kg
備考 全犬種全年齢対応/タンパク質36%/脂質20%/グレインフリー
お試し制度 ◎あり 初回限定1,000円キャンペーン実施中!

詳細ページ公式ページ

4位 アカナドックフード
アカナランキング
ご存知の方も多いと思いますが、世界最高のドッグフードと称されるアカナのドックフード。ペットフードに与える国際的な賞である「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」に2009年から3年連続で選ばれている安心のメーカーです。 穀類ゼロで超低炭水化物のアカナは、穀物アレルギーで困っている方にオススメです。 魚メインのシリーズ(全年齢全犬種対応タイプ)もあるのでチキンが駄目な愛犬にも種類が豊富です!
総合評価
価格 5,700円/2kg
備考 パピー用/タンパク質38%/脂質20%/グレインフリー

詳細ページ公式ページ

5位 ティンバーウルフ
ティンバーウルフランキング
魚を主原料としたノーグレインフード。果物・野菜・ハーブその他機能性食品も豊富含有しています。肉アレルギーや穀物アレルギーの愛犬にはもってこいのドックフードです。 ドックフードのローテーションを推奨している数少ないドックフードメーカーで有名です。
総合評価
価格 2,800円/1.36kg
備考 全犬種全年齢対応/タンパク質34%/脂質16%/グレインフリー

詳細ページ公式ページ

子犬用ドックフード選びで迷ったらモグワンをおすすめする理由!

モグワンドックフードを試した私の口コミをご紹介!

モグワンのドックフードは適度な動物性タンパク質でグレインフリー・添加物にこだわったドックフードで子犬にもおすすめです!野菜やフルーツも豊富で手作りレシピをもとに考案されたドックフードで栄養満点なところもうれしいです。

モグワンのおすすめポイントは、嗜好性が高いチキン&サーモンの動物性タンパク質が豊富で、子犬期に必要な栄養バランスをしっかりと吸収することができます!さらに、チキン&サーモン2種類の複合タンパク源を使っているので、アレルギー対策にもおすすめですね♪

始めて、モグワンを購入する方にはうれしい「お試しサンプル」が用意されているので1か月分しっかりと与えて様子をみることもできます!今なら、初回半額キャンペーンを実施しているので、この機会に試してみてもいいですね!

\初回半額キャンペーン中!
モグワンの最安値はこちら

子犬用ドックフードの祖たんぱく質と祖脂質の量の適正ってある?

ドックフード

粗タンパク質

粗脂質

オリジン

38%

20%

ファインペッツ極

36%

20%

ティンバーウルフ

34%

16%

カナガンドッグフード

33%

17%

アカナ

32%

21%

アランズナチュラル

31.3%

12.1%

ネルソンズ

30%

15%

モグワン

28%

12%

ナウフレッシュ

28%

18%

ファインペッツ

27%

16%

ナチュロルドックフード

27~31%

6~9%

馬肉自然づくり

27%

11.1%

ブッチドックフード

10.5%

8%

AAFCOの子犬期の粗タンパク質基準は22%以上脂質は8%以上となっています。世界的に評価が高いオリジンやアカナやカナガンは祖タンパク質が30%以上、祖脂質は17%以上となっています。

上記の比較表はタンパク質と脂質の量を比較しました。しかし、基準値以上のドックフードでも、低品質な肉や植物性タンパク質で基準値以上になるように調整しているものもあるので注意しましょう。

大切な事は基準値以上であること、新鮮な肉類を使用しているかを原材料一覧からしっかりとチェックしてあげましょう!

次は新鮮な肉類を使用している祖タンパク質と祖脂質が豊富に含まれていて、さらにコスパが優れているドックフードはどれなのかを比較していこうと思います!

子犬用ドックフード(小型・中型)のコスパを比較

人気のドックフードでも購入価格が高すぎて途中で止めてしまうということも考えられますよね。。。

しかし、せっかく愛犬の健康維持にと思って良質なドックフードを選んでも途中で止めてしまうと、意味がなくなってしまいます。なので、続けやすく安全なドックフードを選ぶことをおすすめします!

子犬期の小型犬(チワワ・トイプードル・豆柴・マルチーズなど)のコスパ

体重1kgで換算

1日の給餌量

1日のコスパ

カナガンドックフード

38g

約75円

ファインペッツ極

32g

約112円

モグワンドックフード

40g

約88円

ナチュロルドックフード

37g

約108円

ブッチドックフード

113g

約142円

アカナドックフード

37g

約97円

オリジンドックフード

35g

約133円

※給餌量の計算方法は、6ヶ月の子犬で小型犬ということを考慮して100g中のカロリーを基に換算しています。

あくまでも基準値での計算になりますので目安とお考え下さい。少なすぎる場合や多すぎる場合は調整してあげることで適正な給餌量を見つけてあげましょう。

子犬期の中型犬(柴犬・フレンチブルドッグ・ボストンテリアなど)のコスパ

体重5kgで換算

1日の給餌量

1日のコスパ

カナガンドックフード

127g

約251円

ファインペッツ極

108g

約380円

モグワンドックフード

133g

約292円

ナチュロルドックフード

114g

約333円

ブッチドックフード

377g

約612円

アカナドックフード

125g

約327円

オリジンドックフード

116g

約443円

※給餌量の計算方法は、6ヶ月の子犬で中型犬ということを考慮して100g中のカロリーを基に換算しています。

あくまでも基準値での計算になりますので目安とお考え下さい。少なすぎる場合や多すぎる場合は調整してあげることで適正な給餌量を見つけてあげましょう。

幼少期のドッグフードの上手な与え方とは?

ここでは幼少期のドックフードの与え方を簡単に説明してみます^^

生後~3週頃 この時期は母乳で必要な栄養素を摂取することが一番の栄養となります。
4~6週頃 幼犬用のドックフードを食べやすい大きさに砕いていきましょう!新鮮な水でふやかします。喉に詰まらないように注意して少しずつ与えて行きます。母乳と並行して与えてあげましょう!
7週頃~2か月頃 しっかりと食べるようになってきたら、ふやかしたドックフードを1日3回与えるようにします。食べている間は喉に詰まらないか注意してあげましょう!
2ヶ月頃~4ヶ月頃 徐々に水の量を減らしてドックフードだけで与えます。愛犬の成長にもよりますが3ヵ月頃には硬いドッグフードを食べるようになります。3~4ヶ月ごろまでは1日3~4回に分けて与えてあげましょう。
4ヶ月頃~6ヶ月頃 ドックフードをそのままで1日2回の食事回数に調整します。
7ヶ月頃~ 成長のスピードが緩やかになり、必要な栄養量を調整してあげましょう!給与量はドックフードメーカーの公式サイトかパッケージに記載されていますのでしっかり確認してあげてくださいね!給与量を間違えた量だと肥満になりやすいので注意してくださいね^^

あくまでも目安になるので愛犬の成長に合わせて調整してあげてくださいね^^

まとめ

今回は、子犬用ドックフードの選び方とおすすめランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

子犬期は、成犬以上の栄養が必要な為、動物性タンパク質が豊富で食べる量が少ない子犬でも、栄養をしっかりと吸収できるドックフードを選びましょう!

また、穀物をたくさん使用しているメーカーもあり、かさ増しの為に使用しているドックフードには要注意です。あまりに安いドックフードにはかならずワケがあることが多いので、ドックフードの選び方で最も重要な原材料や成分はしっかりチェックしてから購入するようにしましょう!

子犬用ランキングに戻る