目的別ドックフード

犬が吐くや嘔吐する原因とは?正しいドックフードの選び方を徹底解析

犬が吐く原因とおすすめドックフード

いつも与えているドッグフードを吐いたり嘔吐してしまった時の原因や対策方法を徹底解析してみようと思います。間違ったドッグフードを選んでしまって、愛犬が吐くや嘔吐してしまうことがあります。

これは新しいドッグフードに切り替えたときに起こる食いつきが良く丸呑みしてしまったことが原因の嘔吐や、いつも食べているドッグフードのや粗悪な肉類が消化を妨げている原因多量な穀物が原因でアレルギーを引き起こし嘔吐する場合などが考えられます。

吐くや嘔吐の原因には、「消化不良での嘔吐」「切り替え直後の嘔吐」「アレルギーが原因の嘔吐」「病気が原因の場合」が考えられますが、犬は基本的に吐き戻しをする生き物なので全く問題のない事もあります。

なので吐き戻した状態をしっかりと確認して、明らかにいつもと違う場合は獣医さんに相談してみましょう。

正しいドッグフードの選び方で未然に防ぐことも可能なので、ドッグフードの選び方や吐くや嘔吐の原因や対策方法などを徹底的に分析したおすすめの方法をご紹介しようと思いますのでご参考になれば幸いです。

犬が吐くや嘔吐する時の原因とは?

犬が吐いた場合、まず吐き出しなのか?嘔吐なのか?見極めることが大切です。

一言に吐くといっても、犬の場合、問題のある嘔吐と問題のない嘔吐があるのです。そして問題がある場合は早急に動物病院に連れていくなどの対処が必要になります。完全に消化されているものを吐いた場合は嘔吐、未消化の場合は吐き出しと捉えることができます。

そのため、吐き出したものの状態によって、体のどこに異常があるのかなどをある程度判断することが可能です。また、犬は基本的に吐き戻しをよくする生き物のため、たとえ吐き戻しをしてもまったく問題がない場合も少なくありません。

病気でなくても、ドッグフードを食べ過ぎたり逆に空腹であっても吐くことがあります。そのため、嘔吐物の確認はもちろん、吐いた後の犬の状態をチェックしてあげることが大切です。

犬が吐くや嘔吐した時の対処方法

例えば、吐いた後に元気がある場合は脱食や脱水で様子をみると良いでしょう。食べ物や水を与えないことで犬の胃を休ませることができます。逆に元気がない場合やいつもと違う場合は獣医師にすぐ相談することが大切です。

犬は人間のように言葉を発することができません。じっとしたまま動かないなど、判断が難しい場合もありますが、お腹が痛くて動けないということもあります。犬の病気も人間と同様、早期発見が肝心のため、迅速な判断が大切です。

ドッグフードの切り替えで吐くや嘔吐の改善が見込める症状

ドッグフードを新しいものに切り替えた途端、ときに吐くことがあります。そういったときはまず、吐き出したドッグフードの形状を確認することが大切です。

まず、ドッグフードの形がそのまま吐き出される場合、新しいドッグフードを与えたことで食いつきが良くなり、ほぼ丸呑みの状態で食べてしまった可能性があります。また、安価な商品を与えている場合、ドッグフード自体に問題があることもあります。

犬が吐くや嘔吐した原因がドッグフードの場合には粗悪な素材(肉・穀物・添加物など)が使用されていることが多いです。

この場合、粗悪な肉類が消火吸収を妨げていることや、穀物が原因でアレルギーの可能性も考えられます。そして黄色い液体を吐くことがありますが、自宅で様子を見ることも一つの方法です。

使用している原材料を見直し、良質な原材料を使用したドッグフードに切り替えて劇的に改善することもあります。次は吐くや嘔吐した時のドッグフードの正しい選び方をご紹介していこうと思います^^

犬が吐くや嘔吐した時に再確認してほしいドッグフードの選び方

ここでは犬が吐くや嘔吐で見直したいドッグフードの正しい選び方を3つのポイントでご紹介していこうと思います。

新鮮な肉を使用した動物性タンパク質が豊富なドッグフード

犬は粗悪な肉類が多量に含まれているドッグフードだと上手に消化できずに吐くや嘔吐の可能性が高くなります。

できるだけ新鮮な肉類を使用しているドッグフードに切り替えてあげると改善されることもあります。また、チキンのドッグフードは非常に多く販売されているのでチキンによるアレルギー反応が原因の可能性もあります。

犬が吐くや嘔吐した場合には、チキン以外のサーモンなどの魚系や馬肉、ラム肉などのドッグフードに切り替えてみましょう。

犬の消化を妨げる粗悪な穀物を使用していないドッグフード

犬は穀物を食べても大丈夫なのですが、かさ増しや過剰な穀物量では消化しきれず吐く場合があります。

本来、肉食の犬の場合は主食が肉類になるため穀物は少量もしくは不使用の方が安心です。お肉と比べると消化吸収率も悪く食べても食べても満腹感が得られず暴食してしまう恐れがあるので穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードがおすすめです。

穀物の多いドッグフードを判断する場合は、原材料の最初の方に穀物が記載されていたら要注意です!穀物を摂取し過ぎでアレルギーを引き起こす可能性もありますので気を付けてあげましょう。

副産物やミールなどが使われていてない高品質なドッグフード

○○副産物や○○ミールと記載されている原材料は粗悪な肉を使用している為、大量の添加物を使用している可能性があります。その添加物が犬の体に害のある酸化防止剤だと癌など病気になるリスクが高くなってしまいます。

また、鮮度の低い肉の場合も風味や味付けを添加物でごまかしている可能性もあります。このような粗悪な添加物を使用しているドッグフードだと、吐くや嘔吐の原因となる場合もあります。

新鮮な肉類を豊富に使用した動物性タンパク質が豊富な消化吸収率が高いドッグフードに切り替えることをおすすめします。

犬が吐くや嘔吐した時のおすすめドッグフード比較

穀物不使用

肉類/割合%

ミール・副産物

カナガン

チキン/55.7

なし

モグワン

チキン・サーモン/53

なし

ファインペッツ極

アヒル・ニシン/90

なし

ナチュロル

チキン/不明

なし

犬心

チキン/不明

なし

馬肉自然づくり

馬肉/不明

なし

アカナ

ラム/50

なし

オリジン

チキン/80

なし

ティンバーウルフ

ニシン・サーモン/不明

なし

ナウフレッシュ

チキン/不明

なし

ヤラー

△(◎もあります)

チキン/23

なし

アイムス

×

チキン・他/不明

あり

サイエンスダイエット

×

チキン/不明

なし

ブッチ

ビーフ・ラム/76.5

なし

犬が吐くや嘔吐した時のおすすめドッグフードランキング

犬が吐いたときや嘔吐した時におすすめのドッグフードをランキング形式でご紹介します。
先ほどの比較表をもとに、

  • 動物性タンパク質が豊富である
  • 穀物が少ない、穀物不使用(グレインフリー)である
  • チキン以外、またはチキンと他の肉のバランスを考慮
  • ミールや副産物は使用していない
  • 続けやすいコスパ

の5つを基準としておすすめのランキング形式で紹介しています!

すぐに動物病院に連れて行ったほうが良い嘔吐って?

犬の嘔吐の状態によっては緊急を要する場合もあるということは常に頭の中に入れておく必要があります。

例えば、胃潰瘍・急性胃炎の可能性の場合やけいれんや呼吸困難がある場合などです。こういった場合はすぐに動物病院を受診することが大切です。さらに吐いた液体の状態をしっかり確認することが大切です。

吐いたものの色が赤色や茶色の場合、体のどこかから出血している可能性があります。出血の原因は病気によるものか、誤飲によってどこかが傷ついたものによるのかは動物病院で診察を受けなければわかりません。

一刻を争う事態であることもあるため、少しでも犬の状態や具合がおかしいと感じたら決して自己判断せずに、医師の診断を受ける必要があります。

また、嘔吐だけでなく、下痢が続く場合も動物病院の受診が必要です。こんな時はすぐに掛かりつけの獣医師さんに診断してもらいましょう!